Whitepaper

サプライチェーンデザインを使用して成功するM&A戦略を策定する

世界各地の政治および経済不安は続いても、世界規模のM&Aはその数も取引額も堅調を維持しています。EY社による最近のグローバル調査によれば、回答した企業の50%以上が今後12ヵ月のうちに買収に積極的に取り組むとしており、2億5000万~10億米ドル規模および10億~50億米ドル規模の取引の拡大が予測されています1。

多くの経営者がM&A取引に乗り気である一方、野心的な取引をいかに成功させるのかが明確にならないことを理由に、取締役会が実行に二の足を踏むのも不思議ではありません。M&A成功の見込みを高め、M&Aにつきもののリスクを低下させるためにできることとは一体何でしょうか?

このホワイトペーパーでは、3件のM&A活動を個別に検証し、事例と共に、現行および今後のサプライチェーンの視覚化、分析、最適化に応用可能なサプライチェーンモデリングのソリューションを紹介します。

 

サプライチェーンデザインを使用して成功するM&A戦略を策定する

1.絶好の機会、潜む大きなリスク
2.サプライチェーンデザインをM&A戦略に応用して合併後の状況を向上させる
3.合併前分析と事例

  • 合併前分析例1:サプライチェーンオペレーション効率を実現する真の機会は?
  • 合併前分析例2:新規市場参入を目的とする際のM&Aターゲットとして最善な企業は?

4.合併後分析と事例

  • 合併後分析例1:即時かつ短期間に成果をもたらす機会を特定する
  • 合併後分析例2:合併後のサプライチェーンのロードマップを作成する

5.子会社売却分析と事例

  • 子会社売却分析例1:新しいサプライチェーンの適正規模を判断
  • 子会社売却分析例2:残されたサプライチェーンのパフォーマンスはどうなる?

6.節税効果のあるサプライチェーンをデザインする
7.合併のモデル化
8.M&A事例

  • 事例:合併前ネットワーク最適化
  • 事例:データに基づいて拠点選定の判断を行う
  • 事例:合併後のサプライチェーンの適正な生産能力を計画する
  • 事例:合併後の組織に最適な輸送ネットワークをデザインする

9.成功するM&A戦略のために

 

 

右のフォームに必要事項をご記入のうえ、「ダウンロード」ボタンを押してください。ホワイトペーパーをダウンロードいただけます。

必要事項をご記入のうえ、ダウンロードボタンを押してください