Whitepaper

生産モデル構築: 飛躍的なパフォーマンス向上のための5つの取り組み

かつて生産のモデル化は、工場のオペレーション・エンジニアが生産計画やキャパシティ管理を策定するために活用するものでした。しかし、生産フットプリント(生産拠点、生産量)、オペレーション、キャパシティのモデル化を、エンド・トゥ・エンドのサプライチェーンの一環として実践すれば、これまでにない業務効率化やコスト削減が可能になります。今では、それこそが、 現状の課題の壁を打ち破り、 競争を勝ち抜くカギであると世界の主要企業の多くが認識を高めています。

近年のサプライチェーンデザイン・テクノロジーの進化により、「最適化」は新たな時代を迎えています。今では企業は継続的なサプライチェーンデザイン工程の一部として生産モデルを構築・活用することにより、コスト削減、サービス改善、リスク緩和の機会を見い出していくことが可能です。

このe-bookでは、下記について説明します。

生産モデル構築: 飛躍的なパフォーマンス向上のための5つの取り組み

  1. 製造戦略: 自社製造 vs 委託製造
  2. 生産の最適化: どこで作る?どのくらい作る?
  3. キャパシティプランニング: 既存の能力を活用しつつ総コストを最小化
  4. 販売・在庫・事業計画(SIOP): 市場の変化で生産計画を調整
  5. リスク分析: 想定内、想定外の状況に迅速に対応

各取り組みにおいて企業が直面する運用上の選択肢や課題を説明するとともに、世界の主要企業が生産のモデル化を活用してどのように適切な判断を下し、本当の意味での市場競争力を高めたかについて例を紹介します。

 

右のフォームに必要事項をご記入のうえ、「ダウンロード」ボタンを押してください。ホワイトペーパーをダウンロードいただけます。

必要事項をご記入のうえ、ダウンロードボタンを押してください