Whitepaper

供給コスト(Cost-to-Serve)最適化を活用する: 顧客数と製品の収益性の向上

顧客のニーズに対応するための実質コストは?
サービスレベルを90%から95%に上げるために必要なコストは?

もし企業がこれらのような質問に答えられないとすれば、十分な情報を得ないままビジネスの意思決定が行われており、さらには気付かぬうちに採算性に乏しい顧客にサービスを提供していること
が考えられます。結果として、いったいどれほどの時間とリソースが無駄になっているのでしょうか?

最大の目標は、顧客の採算性を改善したり向上させたりすることにより、企業の収益性を向上させることです。これは、現行の顧客と製品についての正確な供給コストデータなしには不可能に近いことです。

正確な供給コストモデルを作成することで、次のような問いについて回答でき、データに基づいた意思決定に役立ちます。

  • 特定のサプライチェーン構成やコストを前提とした場合の顧客または顧客層の収益性は?
  • 製品の在庫および流通の継続の合理性は?
  • 供給コストに対する適切な請求額は?

販売価格を組み込むことで、正確な供給コストおよび提供マージン(Margin-to-Serve)モデルを使用して、より良い意思決定を行い、財務上のサプライチェーン最適化が可能となります。

このホワイトペーパーでは下記について説明します:

  • 供給コスト最適化の基本原理、供給コスト分析と活動基準原価計算の違い
  • 供給コスト最適化が提示する代替策および導入の利点と影響

 

右のフォームに必要事項をご記入のうえ、「ダウンロード」ボタンを押してください。ホワイトペーパーをダウンロードいただけます。

必要事項をご記入のうえ、ダウンロードボタンを押してください